保険見直しとは

 

保険は、人生を過ごしていく中で、思いもよらない不慮の事故や病気などが降りかかった時に、経済的な保障をしてくれるものです。保険にはいくつか種類がありますが、ライフステージの変化によって必要な保険の種類や保障も変化します。結婚した時には、まず配偶者という新しい家族ができます。今まで独身の時に加入していた保険があれば、死亡保障の受取人を配偶者に変更し、保障額を確認し見直すことが必要になります。子供が生まれた時には、さらに家族が増え、子供を育てるための経済力が必要になりますから、死亡時のために、死亡保障の見直しが必要です。

家を購入し、住宅ローンを組んだ時には、その住宅ローンと共に団体信用生命保険に加入すれば、世帯主が死亡してしまった場合でも残りのローンは保険ですべてまかなうことができますから、死亡保障の減額も検討できます。子供が成長し、社会に出るようになれば、また配偶者を中心とした保障に戻し、健康なうちに医療的な問題が起きやすい老後の保障を厚くするための見直しが必要になります。他にも、離婚や起業し独立した時などの場合も含め、自分を取り巻く家族の状況や環境の変化によって、保険の持つ保障の内容も変化し、その都度どのような保障が今必要なのか考え見直すことが必要になってきます。今では、保険についての見直しも、ひとつの店舗で何社もの保険から最適な保険を無料で紹介してくれる所もありますから、ライフステージに適した見直しを簡単にすることができます。

Copyright © 2014 保険を見直しを考える時 All Rights Reserved.